結婚準備に必要な事をメモします。

受付を頼む

受付というのは両家の顔になります。

とても大切な役割をする人になります。
結婚式の受付は式や披露宴に来てくださったゲストが一番最初に顔を合わせる人ですから、とても大切です。

受付係は代表であり顔であります。

新郎新婦にかわって自分のために来てくれたゲストを一番最初にお迎えするためにとても大切な働きをしてくれる存在です。

受付は笑顔を忘れずに、ゲストに失礼のない対応をしてくれる人がいいでしょう。

受付のお願いをいきなり頼むのは失礼ですから、できるだけ1ヶ月前までにはお願いをするようにしておきましょう。

受付を依頼する人数ですが、受付の仕事というのはお金を預かったり出欠のチェックも必要ですし、ゲストのご案内などもありますから、新郎新婦両家から2人ずつの計4人にお願いするのが普通ですが、ゲストの人数によっては減らしたり増やしたりするといいでしょう。

人当たりのいい人、フットワークが軽い人、責任感のある人に依頼しましょう。

受付をしてくれた人は現金でお礼をするのではなくて、3000円から5000円くらいの商品券を送ったり、相当額の商品をお渡しするなどして気持ちを伝えましょう。

新婚旅行のお土産で少し値の張るものをプレゼントするというのもいいでしょう。

【オススメPR】
粗大ゴミ処分 山口