結婚準備に必要な事をメモします。

花嫁の当日のスケジュール

花嫁さんの当日のスケジュールを把握しおくことはとても大切なことです。

準備をスムーズに進めるためにも、花嫁の当日のスケジュールは確認しておきましょう。

挙式が11時くらいから始まるという場合には式場に入るのがだいたい8時半ごろです。

ヘアメイクをしますが、その後、挙式リハーサルが行われます。

挙式で失敗をしては恥ずかしいですから、リハーサルではしっかりと確認しておきましょう。

入場の際のチェックポイントとしては、お辞儀と歩くステップです。

新婦のお辞儀は出来るだけ角度を浅めにして、お父さんの半歩後ろにいるはずですから、お父さんがお辞儀をしてから一緒にお辞儀をしましょう。
ステップはお父さんが最初に出す足をどちらにされるのか打ち合わせをしておきましょう。

リハーサルが終わったらいよいよ挙式がスタート、そして続けて披露宴がスタートして、入場、乾杯、ケーキ入刀、お色直しが入ります。

そして各テーブルを回ってキャンドルサービスをしたり、お酒をついだり、余興があったりして、披露宴もいよいよクライマックスです。

そして花嫁の手紙や記念品の贈呈があり、謝辞、退場、見送るという流れになっています。

この流れをしっかりと把握しておけば、当日あわてずにすみますね。

【オススメ記事】
花嫁の当日のスケジュールを立てやすくするために。

日頃から片付けをしておけば、いつもスッキリしてスケジュールをたてやすくなります。

とくに大型の粗大ごみ(婚礼家具処分 長崎など)はスケジュールをたてるまえから処分しておきましょう。